バッティングセンターで身に付けさせるべきマナー

バッティングセンターでの練習は、実際にボールを打つ機会のないお子さんにとってはボールを打てる良い練習です。

練習にならない、という方もいますが、素振りで身に付けたフォームでボールを打てるようになるためには実際にボールを打ってみたほうが良いですし、速いボールを打つことで動体視力や反射神経の向上につながるので、目的意識次第でいくらでも練習になると思います。

実際に私もフォームを改善したときはバッティングセンターで遅いボールを打ちながらフォームを固めていましたし、バッティングセンターで身に付けた反射神経、動体視力は野球はもちろん、その後テニスをしたときにも大いに役立ちました。

また、速いボールを思い切り打ち返せる数少ない場所なのでお子さんにとっては楽しくバットを振れる場所なので、打撃練習の少ないお子さんにとってはそういう意味でも練習としての効果はあるでしょう。

さて、話がそれましたがバッティングセンターでお子さんに絶対に守らせてほしいマナーがあります。
2点あります。

・打ち終わった後の打席内のボールは片付ける
・混んでいる場合は打ち終わった後打席から一度出る

です。

野球はチームスポーツなので、「この後自分以外の誰かがこの打席を使う」という意識をもってやってほしいので、打席内に散らかっているボールは目に付く範囲で良いのでしっかり片付けてほしいのです。
自分のことしか考えられないとチームスポーツは成立しないですし、それを競技で教えるのが少年野球だと思います。

また、時折、打ち終わった後に周りを見ずに続けて打とうとするお子さんがいます。
打ち終わった後には一度打席から出て、誰もその打席に入ろうとしないところを確認してから再度打席に立ちましょう。
貸し切りにしている場合は別ですが、そうでないときは自分一人の打席ではないですし、トラブルの元になります。

少年野球の練習=集団行動でのマナーを学ぶ場でもあるので、大人が教えてあげる必要が有るでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする