少年野球 ルール 教え方

少年野球のルール、子どもたちに上手く教えるにはどうすれば良いか?
一番効果的な教え方は子どもたちに野球好きになってもらうことです。

子どもたちの中にはいつまで経ってもルールを覚えないことすぐに覚える子と2つのタイプがいますが、この差はどこにあるか?
野球が好きかそうでないかが一番大きな差です。

低学年や小学生になる前のお子さんに多いのですが、覚えない子達を見ていると、お父さん、お母さんが運動をさせたいからさせているだけで、本人はよく分からずにやっているというのが多いです。

もちろん、本人が楽しめればそれでいいのですが、ルールが分かればもっと楽しめるはずなので、自宅で野球の試合を観たり、一緒に野球で遊んだりしながら野球を身近に置いてあげるようにしましょう。

お子さんがあまり上達しない場合にも親御さんが打ち頃のボールをトスしてあげて打たせてあげて野球の楽しさを教えてあげると良いでしょう。

出来るようになれば楽しさを感じる、ということを忘れずに接してあげてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする