少年野球 指導

少年野球で指導するにあたり大事なことは何か?

一番は少年野球は教育の場であるということでしょう。

野球を通じて体力の養成や集団行動の大事さ、礼儀などを学ぶ場所が少年野球の場です。

指導をする際にはそのことをきちんと理解しておく必要が有ると思います。

また、それと同時に野球の面白さを伝えるのも指導者の役目であるといえます。

上達する人とそうでない人の一つの違いは自主性のある・なしです。

そして、その自主性は楽しい、悔しい、もっと上手くなりたいという感情から生まれます。

そういった意味では指導者としての一歩は教育と、

野球の面白さを伝えることと言えるでしょう。

その上で技術的な指導力などが求められるのではないでしょうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする